FC2ブログ

ダンカンテイラー オルトモア 1989 21年

お客様のリクエストにより開封しました。

ダンカンテイラーのピアレス表記はありませんが、酒屋さんでは「ピアレス・シリーズ」と紹介しているところもあるシリーズから、 オルトモア 1989 21年です。

Duncan ALTMORE 1989-2011 21yo_600
Duncan ALTMORE 1989-2011 21yo Cask № 719 55.2%

Duncan ALTMORE 1989-2011 21yo_L600



ショット 1,300円となります。

7年くらい前のリリースですが、この後如何にモルト価格が高騰したかを感じさせてくれる1本です。


スポンサーサイト



  1. 2018/05/30(水) 17:22:11|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラガヴーリン 12年 カスクストレングス 56.5% 2017年リリース

週末の疲れが抜けきれず、今日もまったりというか、ボケ~という感じで作業が溜まってしまいました。


さて、ディアジオの2017年版のスペシャル・リリースから、前回はちょっと特殊な「コレクティヴァム28」を紹介しましたが、今回は15回目と、定番化の感のあるラガヴーリン 12年 カスクストレングスです。

LAGAVULIN 12yo CASK STRENGTH 2017_600
LAGAVULIN 12yo CASK STRENGTH 2017 RELEASE 56.5%

LAGAVULIN 12yo CASK STRENGTH 2017_L600

LAGAVULIN 12yo CASK STRENGTH 2017_BL600



価格も含め、派手な面子が揃ったこのラインナップの中では、地味だけど安定感のある1本ですね。
当店での扱いは数年ぶり、確か4回目になると思います。

ショット 1,500円です。


  1. 2018/05/28(月) 16:41:02|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ディアジオ コレクティヴァム28

遅ればせながら入荷しました。

COLLECTIVUM XXⅧ_600
DIAGEO Special Release 2017 COLLECTIVUM XXⅧ 57.3%



現在稼働するディアジオ社所有の28の蒸留所のモルトをブレンドしています。
まぁ企画物ですが天下のディアジオが2017年のスペシャル・リリースとして出したものですから半端ではありません。

蒸留所は以下の通りです。
オスロスク、ベンリネス、ブレアアソール、
カリラ、カーデュー、クライヌリッシュ、
クラガンモア、ダルユーイン、オスロスク、
ダフタウン、グレンダラン、グレンエルギン、
グレンキンチー、グレンロッシー、グレンオード、
グレンスペイ、インチガワー、ノッカンドゥ、
ラガヴーリン、リンクウッド、マノックモア、
モートラック、オーバン、ローズアイル、
ロイヤルロッホナガー、ストラスミル、
タリスカー、ティーニニック。
皆さん幾つ飲んだ事があるでしょうか・・・

ショット 1,700円となります。


  1. 2018/05/25(金) 16:42:31|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベンリアック 1988 24年 トウニーポートフィニッシュ

暫く前に開栓した1988ヴィンテージのベンリアックが紹介してありませんでした。

BenRiach 1988 24yo Tawny Port Finish_B
BenRiach 1988 24yo Tawny Port Finish 52.6%

BenRiach 1988 24yo Tawny Port Finish_L600



ベンリアック・ディスティラリーから年に一回リリースのシングルカスク・シリーズより、2013年リリースの1本です。

ベンリアック 1988 24年 トウニーポートフィニッシュ 52.6%

ショット 2,100円となります。


ベンリアック・ディスティラリー傘下の『グレンドロナック』『ベンリアック』『グレングラッサ』がアサヒビールにより正規輸入されるという報道が暫く前にありましたが、3ブランド合わせても8アイテムのみのラインナップ・・・

只でさえ日本への割り当てが少なくなっていた、今回紹介の様なシングルカスクなどの限定品が今後どれだけリリースされるか、ちょっと不安ですね。



  1. 2018/05/22(火) 19:20:35|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとオシャレで可愛いボトル。

お馴染みのカルーアですが、ちょっと変わった人形型のボトルです。

KAHLUA_600.jpg



10数年は経つと思いますが、ちょっと流通していつの間にか無くなったようです。

ミルク割りの代表的な存在ですが、実はミルク割りが合うリキュールは結構沢山ありますね。

基本的にナッツ系は全て合うと思って間違いないでしょう。

KAHLUA_ura_450.jpg


ちょっとオシャレで可愛い・・・けど、裏を見るとちょっと怪しくも・・・
輸入業者の名前が一部消えている? いえ、消してある?・・・
私自身の仕業ではありません。


  1. 2018/05/21(月) 17:07:35|
  2. リキュール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとオシャレで怪しげなボトル。

今回はラムですが、テキーラのイメージの強いメキシコ産です。

ボトル表面に繊維質の皮を芸術的に貼り付けた、メキシコの芸術家ヴィクター・フェルナンデス・リモン氏による「アートエディション」です。

Mocambo 20yo_600



インポーターの説明でも“メキシコ産の皮”としかありませんでしたが、イチジクなどの樹皮から作られる伝統的なアマテ紙の一種のように見えます。

イチジクは神聖な木として扱われることもあるようですし、アマテは嘗てシャーマンの儀式などにも使われ、今でも作り続けるオトミ族にとって「魔女の紙」と呼ばれていたそうです。

確かにこのデザインは芸術性と共に“妖しさ”も感じますね。


  1. 2018/05/20(日) 19:32:31|
  2. ラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ティーリング ブラバゾン ボトリング シェリーカスク

お客様のリクエストにより開封しました。

TEELING BRABAZON BOTTLING 1_600
TEELING WHISKEY Single Malt Irish Whiskey
BRABAZON BOTTLING Serie 1 Sherry Casks 49.5%


TEELING BRABAZON BOTTLING 1_LL600

TEELING BRABAZON BOTTLING 1_ura600neo



17世紀に、ティーリング蒸留所がある地区の発展に貢献したウイリアム・ブラバゾン伯爵の名を冠した、酒精強化ワイン樽熟成の限定シリーズ「ブラバゾン」の第一弾としてリリースされたシェリー樽熟成のアイリッシュ・シングルモルト。

ショット 900円です。

今回も蒸留所は非公開ですが、アイルランドでは数が限られているし、このフルーティーさはティーリングの一貫した選定基準によるものかと思われ、安心してティーリングの名前で買うことが出来ます。


  1. 2018/05/19(土) 16:50:28|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サントリーホール デビュー

6月3日に「ウイスキーフェスティバル2018 in 大阪」が開催されるようですが、店の休日となるこの日は残念ながら東京に出張で参加できません。

じゃあ東京の用事がなければ大阪に行くのかと言われれば、まぁその辺は・・・


実はこの日は憧れのコンサートホールの一つ、サントリーホールにデビュー・・・といっても当然観客としてですが、どうせなら世界の一流オーケストラでと思っていたところ、クリーヴランド管弦楽団の100周年記念として、ベートーベンの交響曲全曲公演があるという事で、正直言って演目よりもホールとオケ主体で行くことを決定しました。

指揮はフランツ・ウェルザー=メスト・・・すみません、ブーレーズとマゼール時代しか聴いていませんでしたが、それなりの方のようです。

それにしてもチケット発売が半年前! 3万円という価格は滅多にいかないクラシック・コンサートだから良いけど、未だ手元にないチケットをコンビニで発券するのを忘れてしまいそう・・・


  1. 2018/05/18(金) 16:51:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダグラスレイン エグゼクティブ・デシジョン アベラワー1988

REMEMBER創業年シリーズ、まだ続いております。

旧ダグラスレイン社が2013年に分社し、オールド&レアに位置する新生ダグラスレインの最高峰シリーズとして同年リリースされたエグゼクティブ・デシジョン・シリーズで、オールドパティキュラーの上位となるXOPが出る前のシリーズとなります。

Douglas Laing Executive Decision ABERLOUR 1988_B600



いずれも少量ボトリングですが、このアベラワー1988は88本のみと、特に稀少となっているようです。

Douglas Laing Executive Decision ABERLOUR 1988_600
Douglas Laing Executive Decision
ABERLOUR 1988 Hogshead 50.9% 88Bottles


Douglas Laing Executive Decision ABERLOUR 1988_LL600



ゲール語で「せせらぐ小川の河口」を意味するアベラワー蒸留所は、有名蒸留所がひしめき合うスペイサイドの中心部で、最近オフィシャルの正規扱いが数年ぶりに再開されたようですが、シェリー系のイメージが強いアベラワーから厳選された樽がバーボンホグスヘッドというのは興味あるところです。

ショット 3,300円 ハーフショット 1,700円となります。

  1. 2018/05/16(水) 16:30:23|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとオシャレな首長ボトル


モルトウイスキー・ベースで、マラスカ種のブラックチェリーを使用したリキュールです。

Liqueur Queen_600

Liqueur Queen_L600

Liqueur Queen_ura600



これでボトルフラワーは・・・かなり難しそうですね。


  1. 2018/05/15(火) 17:07:44|
  2. リキュール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アスタモリス グレンバーギー『関』1999 18年

アスタモリスのガイアフロー向け、グレンバーギー18年を開けました。

ASTA MORRIS GLENBURGIE Seki 1999_600
Asta Morris for Gaiaflow
GLENBURGIE“Seki”1999 18yo PX Sherry 48%


ASTA MORRIS GLENBURGIE Seki 1999_L600



こちらはガイアフローが東海道五十三次シリーズとして展開している1本で、47番目の宿場「関」の浮世絵がラベルにあしらわれています。

ASTA MORRIS GLENBURGIE Seki 1999_ura600

Hiroshige48_seki_800.jpg



グレンバーギーは元々ポテンシャルの高い蒸留所でしたが、サントリーさんの宣伝効果もありバランタインの主要原酒としても知名度が上がってきました。

1年程前にもホグスヘッド熟成を扱いましたが、今回はペドロヒメネス樽熟成ですので是非飲み比べてみてください。

ショット 1,800円となります。


  1. 2018/05/14(月) 16:59:45|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お疲れ!の一杯

昨夜は営業が終わった店でお疲れ!の一杯。
これが帰宅してからだと朝酒の気分になってしまう・・・

P5140003.jpg



昨夜もお客さんに訊かれたけど、自宅では10年以上全く飲んでいません。
段ボール箱の中のウイスキー類は在庫という感覚で、飲もうという発想になりません。

帰ったらもう・・・寝るのが一番幸せ・・・


  1. 2018/05/14(月) 14:30:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっとオシャレなラッピングボトル

先日オブジェとして置いてあるちょっとオシャレなラッピングボトルを紹介しましたが、こちらは更にオシャレなラッピング。

DISARONNO Missoni_600



イタリアのリキュールでアンズの核を使った「ディサローノ・アマレット」のミッソーニ・デザインのコラボ・ボトルです。

アマレットを使ったカクテルでは、ゴッドファーザーやフレンチコネクションが有名ですね。

これまでも何人かのイタリアン・デザイナーとのコラボ・ボトルが出ていますのでコレクションしている人もいそうですが、私はそれ程興味なく今回はまぁ、何となく・・・


  1. 2018/05/13(日) 17:02:10|
  2. リキュール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィスキーファインド ウォードヘッド 1997

親日家でもあるOdin Chou氏率いる台湾の話題のボトラー、ウィスキーファインドのJAZZ INシリーズ、ギター、ハーモニカに続き、マリンバが入荷です。

JAZZ MARIMBA_600
THE WHISKYFIND JAZZ IN MARIMBA
WARDHEAD 1997 20yo 52.7% Hogshead


JAZZ MARIMBA_L600



ブレンデッドモルト表記のウォードヘッドですが、兄弟蒸留所のバルヴェニーを僅かに加えたグレンフィ●ックで、実質的に殆どシングルモルトですね。

Cask #312 のホグスヘッドから275本のボトリングです。

ウィスキーファインド ウォードヘッド 1997 20年 52.7%
ショット 1,700円です。



  1. 2018/05/11(金) 18:47:23|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・モルトマン キルダルトン2008 9年

ザ・モルトマンのニュー・リリースからキルダルトン2008 が入荷です。

The Maltman KILDALTON 2008_600
The Maltman KILDALTON 2008 9yo Sherry But 57.9%

The Maltman KILDALTON 2008_L600



モルトマンは、兄とのハート・ブラザーズ社を離れたドナルド・ハート氏が2009年に息子と立ち上げたボトラー、メドウサイド・ブレンディング社の代表ブランドです。

蒸留所名は伏せられ、ISLAY REGION と、地域のみ表記されていますが、「キルダルトン」とはゲール語で「里子の教会」の意味で、9世紀のケルト式十字架であるキルダルトンクロスの中でも、最も保存状態が良く有名な遺跡がアードベッグ蒸留所の近くにあり、キルダルトンの名を付けたアードベッグがリリースされたこともある事からも想像がつき・・・いや、バレバレですね。

現在原則としてボトラーズには供給しない蒸留所ですから、その分貴重ともいえます。

№ 5065 のシェリーバットから57.9%で414本ボトリングされています。

ショット 1,400円


  1. 2018/05/10(木) 17:02:07|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新DVDプレーヤー

最近DVDプレーヤーが時々怪しい動きをします。

トレイを空のまま閉じると十数回「OPEN」を押さないと開かなかったり、開いた瞬間に閉じ、指を挟みそうになったり・・・

新しいDVDプレーヤーとセレクターを購入しました。
これまで以上にスムーズに曲の入れ替えが出来そうです。

P5_600.jpg




しかしこの30年間で何台のレーザー・プレーヤー、ビデオデッキ、DVDプレーヤーを買った事だろう・・・20台は下らない筈だが、もう消耗品ですね。


  1. 2018/05/10(木) 06:37:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビーフィーターのオブジェ

連休明けで気分が滅入っている方も多いかと思いますが、追い打ちをかけるような雨の地域が多いようですね。

営業的にもあまり期待できないこんな日は、カーペンターズの「Rainy Days And Mondays(雨の日と月曜日は)」・・・いや、このパターンはもう何十回と使い回しているので新しいパターンを考えなくては・・・


ところで最近はアナログレコード(ヴィニール盤)の人気も上昇しているようですし、ミュージックバーと言いながらモルトばかり紹介している・・・という話になる事も多いので、オブジェとして置いてあるミュージックバーらしいボトルを。

Beefeater 1_600

Beefeater 09



中身は普通のビーフィーター40%ですが、REMEMBERで標準的に使用しているのは47%の方です。


  1. 2018/05/07(月) 17:12:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業案内

本日5月6日は第一日曜日につき休ませて頂きます。

2018 5月営業案内_600



お陰様でGWの営業も無事乗り切り、例年に比べソコソコの結果を得られました。

近くの七間町再開発地区もいくつかの商業施設がオープンしたようですし、流れが変わった事もあるのかもしれません。

今後にも期待したいところですが、さてどうでしょう。


  1. 2018/05/06(日) 16:47:39|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

連休も後半に・・・

連休も後半に入り、お陰様で終わってみればそれなりに・・・という日が続いています。

今日、明日営業して6日は月一回の休み、昨夜は帰る前に一足先に気分だけでもと、優しめの加水タイプでくつろぎの一杯。

Rothes_600.jpg





  1. 2018/05/04(金) 15:53:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

REMEMBER

Author:REMEMBER

静岡で1988年よりショットバーREMEMBERを経営する傍ら、2000年よりWeb運営も開始。

2007年よりその一部を本ブログに移行しました。

オフィシャルHP及び
フェイスブックは下のバナーからどうぞ。



facebook

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する