FC2ブログ

ゴールデンウィーク、前半終了

ゴールデンウィーク、前半が終わろうとしています。
連休の営業はいつもの人が来なかったり、こういう時期だからこそ来る人がいたり、毎度のことながら普段と流れが変わります。

学生時代や仕事上、趣味活動などでの懐かしのメンバーが再開する時でもあり、昨日も40年以上前にオーディオの趣味を通じて知り合った二人の方が、他のオーディオ仲間も連れて十数年ぶりに来てくれました。

まさに“REMEMBER”という店名にして良かったと思う時でもあります。


スポンサーサイト



  1. 2018/04/30(月) 23:57:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボックス クエルクスⅠ ローバー

今日から世間はゴールデンウィークですが、皆さんどうお過ごしでしょうか。

お客さんにお話を伺うと、9連休より暦通りという方が多かったようですが、関係ないよ!サービス業だからね・・・という方も結構いました。

当REMEMBERも関係なく、相変わらず営業しております。

次の休みは5月6日の第一日曜日となります。


さて紹介するボトルは、スウェーデンの新進蒸留所、BOX DISTILLERY のQUERCUSⅠROBUR です。

BOX QuercusⅠ Robur_600
BOX QuercusⅠ Robur 50.8%

BOX QuercusⅠ Robur_L600

BOX QuercusⅠ Robur_ura600




QUERCUS(クエルクス)とは、ラテン語でオーク(楢)の事で、ROBUR(ローバー)とは、コモンオークの学名だそうで、含まれる成分の違いにより他のオークに比べ、スパイシーで甘みの強いウイスキーに仕上がるようです。

同蒸留所としては初のアンピーテッドで、ウイスキーに与える、樽による香味の影響を感じてもらう為の実験的シリーズだそうです。

最初の4年1ヵ月こそバーボン樽で熟成していますが、原材料の大麦から仕込水、7ヶ月のフィニッシュ用の樽材までスウェーデン産で、それぞれの工程の詳細データが輸入元の GAIAFLOW さんのHPに載っています。

これ程までの公開は初めて見ましたが、これも蒸留所の自信の表れでしょう。

ボックス クエルクスⅠローバー 50.8%

ショット 1,400円となります。


  1. 2018/04/28(土) 16:11:11|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブルックリン・ディスティリング プロジェクト No.1 ストレート バーボン

昨年10月に紹介した「77ウイスキー」同様、ニューヨークのブルックリン・ディスティリングで限定的に造られたバーボンウイスキーです。

Breuckelen Distilling NO1 STRAIGHT BOURBON_600
Breuckelen Distilling PROJECT NO.1: STRAIGHT BOURBON
WHEATED BOTTLED IN BOND 50.0%


Breuckelen Distilling NO1 STRAIGHT BOURBON_L600

Breuckelen Distilling NO1 STRAIGHT BOURBON_Side600



この蒸留所の特色であるオーガニック原料を主体にした造りなど独自の拘りは同じですが、蒸留器はケンタッキー製の単式を使っています。

原料比率は、コーン60%、赤小麦20%、大麦麦芽20%で、2回蒸留し200ℓのアメリカンオーク新樽で4年以上熟成後、ボトルド・イン・ボンド規格の100プルーフでボトリングし、チェリー、シナモン、バニラ、カラメルの香りが特徴的なバーボンになっています。

日本には90本のみの輸入だそうです。

ショット 1,000円となります。


ちなみに第二弾のプロジェクトとしてモルトウイスキーが年内にもリリースされそうですね。


  1. 2018/04/25(水) 16:39:50|
  2. バーボン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラドノック・フォーラム クラガンモア 1993 16yo

8年程前にリリースされたブラドノック・フォーラムからのクラガンモアをおろしました。

Bladnoch Distillery Forum CRAGGANMORE 16y_600
CRAGGANMORE 1993 16yo Hogshead 56.4%
For Bladnoch Distillery Forum


Bladnoch Distillery Forum CRAGGANMORE 16y_L600



このブラドノック・フォーラムですが、以前ブラドノック蒸留所を所有していたUD社が、時代背景的に供給過多であったことに加え、そのスコットランド最南端という物流的に不利な事もあり1993年に閉鎖した蒸留所敷地を翌年買収したアイルランドの資産家、レイモンド・アームストロング氏が立ち上げ、本来会員向けだったボトルの一部が輸入されたようです。

ブラドノック・フォーラム クラガンモア 1993 16yo ホグスヘッド 56.4%
ショット 1,000円となります。


ところでレイモンド・アームストロング氏はブラドノックを当初別荘地として購入するも、地元民の熱意もあり、生産量限定ながら契約変更に漕ぎ着け2000年から蒸留を再開しましたが、結局10年も実質稼働しないまま2015年にオーストラリアの実業家デビッド・プライヤー(David Prior)氏に売却したようですが、残念ながらブラドノック・フォーラムは引き継がれていないようです。

そして先月、新オーナー体制のブラドノックは、昨年迎えた蒸溜所設立200周年を記念した「Bladnoch 29 Year Old Bicentenal Release」のリリースを発表していますが、200本限定で £5,000 との事、日本では 通常ボトル でさえ扱っているところを見かけませんから、1988ヴィンテージが原酒のこれはとても無理でしょうね。


  1. 2018/04/23(月) 19:58:22|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戴きもののコニャック

今夜お見えになったお客様に超高級コニャック3種を少しずつ戴きました。

確か、
REMY MARTIN LOIS XⅢ
CAMUS TRADITION BACCARAT
CAMUS MICHEL ROYAL BACCARAT
だったと思います。

DC1800.jpg



デキャンタ抜きで安く売っていたとの事ですが、この手のお酒は雰囲気も大事なので写真を見ながらまったりと堪能しています。


  1. 2018/04/22(日) 05:01:33|
  2. ブランデー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポートダンダスのシェリー樽表記

先日紹介したポートダンダス、Yさん早速飲みに来て頂き有難うございました。
ご指摘のシェリー樽表記ですが、確かにラベルに記載がありませんね。

Duncan Taylor Box_1800

port-dundas-duncan-taylor-32-yo-1973-2005-70-cl-593-cask-128316_IM240433.jpg



このシリーズは、基本データが印刷済みのラベルに個々のデータを後刷りしているようで、全てが写真最下部のように「Matured in Oak Casks」となっています。

シェリー樽熟成の場合は、左のリヴェット(既に空です)の様に、箱のみに別のシールを貼っているようです。

海外サイトで見つけた、今回のポートダンダスと同じカスク№の箱には「SHERRY CASK」のラベルが貼ってあるのでシェリー樽熟成には間違いないと思います。

正直言って仕入れた時は貼ってあったかどうか全く記憶がありませんが、糊の痕跡もなく、最初から貼ってなかった(貼り忘れ?)と思われます。


シェリー樽もOakで作られているから「Matured in Oak Casks」だけでも間違いではないけど、最初は廃樽利用が主な理由だったシェリー樽熟成が、いつ頃からか付加価値となり表示する意味が出てきたんでしょうね。

ピートの使用も元々は石炭をケチって・・・のようですし、「山崎12年」は元々シングルモルトなのに30年以上前の発売当初は、日本人には「シングル」より「ピュア」の方が良いイメージで受け止められると考えたのか、「PURE MALT」表記でしたね。

シングルモルト自体が、ブレンデッド・ウイスキーが出来る前はそれが当たり前で表記はなかったでしょうし、時代によって価値観の変わるものは無数にありますが、歴史が永く各国で税金が絡んでくるウイスキーは、近年趣味性が高まってきた事でより変わりやすく定義付けや表記が複雑になってきたようですね。


  1. 2018/04/21(土) 17:15:58|
  2. グレーンウイスキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダンカンテイラー レアオールド ポートダンダス 1973

想い出してみませんか、あの頃を、45年前・・・

1973年、イングランドでは後にBillboard 200に15年間チャートイン、売上枚数5000万枚を遥かに超えた今でも売れ続けるモンスター・アルバムとなる、ピンク・フロイドの「The Dark Side of the Moon」が発表される。

そして同年、スコットランドでは後にREMEMBERで飲まれることになるグレーンウイスキーが蒸留され、シェリー樽に入れられ長い眠りに就く。

そして現代、日本のREMEMBERでは1本のグレーンウイスキーが樽と瓶との長い眠りから覚めました。

Duncan Taylor PORT DUNDAS 1973_B600
Duncan Taylor PORT DUNDAS 1973 - 2005 32yo
Sherry Cask 59.3% 408 Bottles


Duncan Taylor PORT DUNDAS 1973_L600



Duncan Taylor Single Grain PORT DUNDAS 1973 Sherry Cask

実は何ヶ月か前に開けて紹介していませんでした。

1811年、グラスゴーに建設されるも、大火災等、他の多くの蒸留所同様多難の道を歩んだ末、2010年に閉鎖されたポートダンダス蒸留所。

グレーンウイスキーとしては珍しいシェリー樽熟成、モルトにも負けない濃厚な旨味があります。

Duncan Taylor PORT DUNDAS 1973 - 2005 32yo 59.3%

ショット 2,500円 ハーフ 1,300円となります。


  1. 2018/04/19(木) 18:28:41|
  2. グレーンウイスキー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業後の一杯

3月下旬に人が動き出してきたなぁ・・・と思ったら、4月に入ってガクッ!
同業者が来て、どこも暇みたいだよ・・・と、慰め?の言葉。

昨夜は早めに終わって、グレーンウイスキーで暇疲れの自分にお疲れさん!

otukare_600.jpg






  1. 2018/04/18(水) 14:10:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベンリネス 2000 17年

昨日に引き続き、マッシュタンさんからの1本を開けます。

ベンリネス 2000 17年 バーボンバレル 55%

BENRINNES 2000_600
BENRINNES 2000 17yo 55%
For The 13th Anniversary Of The Mash Tun Tokyo


BENRINNES 2000_L450



台湾のボトラー、ウイスキーファインドがマッシュタン13周年記念用に厳選した、近年注目のベンリネスのバーボンバレルから165本ボトリングしています。

ラベルには こちら 同様にリボンちゃんが鎮座していらっしゃいます。

ショット 1,800円となります。


  1. 2018/04/17(火) 15:57:50|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Mash Tun Tokyo グレンマレイ 1996 21Yo

さて前回更新したブローラ34Yとボウモア1988の箱の中身ですが、The Mash Tun Tokyoの鈴木さんのご厚意により分けて頂いた2本のモルトです。

先ずはグレンマレイ 1996 21年を紹介します。

GLEN MORAY 1996 21y Mash Tun Tokyo_600
The Dram With The Mash Tun Tokyo
GLEN MORAY 1996 - 2017 21yo 52% 216 Bottles


GLEN MORAY 1996 21y Mash Tun Tokyo_L600



台湾のボトラー、ウイスキーファインドとのコラボにより選ばれたCask No.7842 から52%で216本のみボトリングされた内の1本です。

ショット 2,100円でお願いします。


4月3日に投稿したエルドヴァッテンのグレンマレイとの飲み比べもどうぞ。


  1. 2018/04/16(月) 16:45:27|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モルト2本入荷しましたが・・・

あるところに注文してあったモルトが届きました。

BRORA 34yo_600

BOWMORE 1988_600



段ボール箱を開けてビックリ!
BRORA 34年とBOWMORE No.1 VAULTS の1988ヴィンテージ・・・
えっ! そんな凄いもの注文していませんが・・・

中身は注文通りの品でしたが、こちらもそれなりに凄いです。

明日以降紹介しますので乞うご期待!


  1. 2018/04/14(土) 19:33:53|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘーゼルバーン 10年

最近値の張るモルトの紹介が多かったので、優しい価格のモルトを・・・

限定物が3本続き、好評の内終了したヘーゼルバーン、定番の10年物をおろしました。

HAZELBURN 10y_600
HAZELBURN 10yo 46%

HAZELBURN 10y_L600



ノンピート、3回蒸留の優しい味わいで、お財布にも優しいショット 700円です。

この価格帯は殆ど定番で空いたら同じものを補充するので、Facebookやブログで新入荷として紹介する事がなく、来店されていない方には高いモルトばかりの店と思われてしまうかもしれませんが、シングルモルトはGリベット12年、アベラワー10年、ジュラ10年の600円から、700円が15種、ロングモーン1968の4,500円まで各価格帯で揃えています。

自分で言うのもなんですが、ショット 700円のシングルモルトを改めて数えてみたら15種類もあったのにはちょっとビックリ!

ボトル背景に一輪挿しが写っていますが、撮影は1年以上前の入荷時です。


  1. 2018/04/13(金) 16:03:04|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンゴメリーズ ベンリネス 1988 16年

少し間があきましたが、REMEMBER 創業年シリーズの1本を開けます。

Montgomeries BENRINNES 1988_600
Montgomerie's BENRINNES 1988 - 2005 16yo
Cask No.2829 56.4%



シングルカスクのみでリリースする事でも知られるボトラーの旧ラベル・ボトルです。

Montgomeries BENRINNES 1988_L600

Montgomeries BENRINNES 1988_ura600


蒸留所はスコットランドでもっとも高い山の麓にあり、名前もそこからとったベンリネスで、樽詰めの際、2回蒸留と3回蒸留のものを混ぜる事でも有名ですが、過去オフィシャルのリリースは少ないものの、近年各ボトラーズから注目品が出ているようです。

REMEMBERの30年の歴史に・・・いえ、1826年に創業しつつも洪水で流失したり、改名されたり、オーナーが変わったりの蒸留所の歴史に思いを馳せながらグラスを傾けてください。

ショット 1,000円でどうぞ。


  1. 2018/04/10(火) 16:49:48|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業を終えて

日曜日の遅い時間は暇な事が多いです。

まぁその分、貸し切り状態でモルトを飲みながらピンクフロイドの2枚組DVDを観尽くすことが出来ましたが・・・

PULSE-66.jpg
PULSE-56.jpg
PULSE-16.jpg
PULSE-26.jpg
PULSE-36.jpg
PULSE-46.jpg



  1. 2018/04/09(月) 04:53:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーヒーに釣られて・・・

最近歩いて通勤することが多いが、コースによっては誘惑の連続。

無料コーヒーに釣られて店内を見ているとついつい・・・

Lu-Rou-Fan_600.jpg



営業ネタにも使えそうと、ルーローファン味の柿ピーを買うも、知らない味で説明出来ないので、ご飯に混ぜるだけのルーローファンも買う。

戦略に嵌ってしまったか・・・


  1. 2018/04/08(日) 16:23:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェームズ・E・ペッパー 1776 バーボン

久々のバーボンです。
3年位前の入荷ですが、なぜか今頃の紹介になってしまいました。

JAMES E PEPPER 1776_600
JAMES E.PEPPER 1776 BOURBON 100Proof



STRAIGHT BOURBON WHISKEY ですが、頭に KENTUCKY の表記がありません。
これはケンタッキー州レキシントンのオールドペッパー蒸留所で生産されていたブランドのレシピをワシントンD.C.ジョージタウン地区のGeorgetown Trading Co.が再現し生産している為で、ライを38%使用し、名前の1776は1958年まで3代に渡り続いたオールドペッパー蒸留所の創業年で、アメリカ独立戦争勃発の翌年になります。

JAMES E PEPPER 1776_L600

JAMES E PEPPER 1776_ura600



オールドスタイルのバーボンを現代の技術で蘇らせた復刻版バーボン。

ショット 800円で当時のアメリカに思いを馳せながらどうぞ。


  1. 2018/04/07(土) 18:41:23|
  2. バーボン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エルドヴァッテン グレンマレイ 1991 22年

1828年スペイサイドでビール醸造所としてスタートし、ウイスキー蒸留所としても120年の歴史のあるグレンマレイ蒸留所、他の蒸留所同様時代ごとの変遷があり、ブレンド用がメインだったこともあり、さほど有名ではありませんでした。

しかし10年前にフランスの飲料会社がオーナーになり、ボトラーズからのリリースも増え正当に評価されてきたようです。

そんな近年評価が上がっているのが頷ける香りと味、初心者もマニアも納得のフルーティーさ、奥深さ、長い余韻を併せ持つモルト、スウェーデンの「炎の水」を意味する名のボトラー、エルドヴァッテンからの1本をおろしました。

ELDVATTEN GLEN MORAY 1991_600
SVENSKA ELDVATTEN GLEN MORAY 1991
57.5% Cask no #162112


ELDVATTEN GLEN MORAY 1991_L600



ショット 1,800円

このところウイスキー新世代ともいうべき人達の活躍が目立ちます。
ウイスキーへの情熱が高じて造る側へ、売る側へ、そして飲む人も増え、その知識や情報収集のレベルはプロ顔負けの人たちも見受けられます。

先月もそんな国内外のウイスキーラヴァー達のリリースするモルトを紹介しましたが、今回紹介のグレンマレイをリリースしたエルドヴァッテン、そしてインポーターのガイアフローもウイスキーラヴァーが立ち上げていますね。


  1. 2018/04/03(火) 17:26:27|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な詩を戴きました。

REMEMBER 31年目の営業に入って1か月が過ぎましたが、四国からお仕事で来静されたお客様に素敵なプレゼントを戴きました。

REMEMBERの歴史を語るかのような誌が書かれています。

Roro_800.jpg



Roroさん、有難うございます。


  1. 2018/04/02(月) 23:58:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業案内

本日4日は第一日曜日につき休ませて頂きます。

4月営業案内



勿論エイプリルフールではありません・・・念の為。


  1. 2018/04/01(日) 16:21:40|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

REMEMBER

Author:REMEMBER

静岡で1988年よりショットバーREMEMBERを経営する傍ら、2000年よりWeb運営も開始。

2007年よりその一部を本ブログに移行しました。

オフィシャルHP及び
フェイスブックは下のバナーからどうぞ。



facebook

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する