FC2ブログ

ボウモア 旧ボトル ドーン ポートカスク

ボウモアの旧ボトル、ドーンをおろします。

BOWMORE DAWN_600
BOWMORE DAWN PORT CASKED 51.5%


シェリー樽、バーボン樽、それぞれで12年以上熟成した原酒をブレンドし、ルビー・ポートワインの樽で2年間後熟させ2004年にリリースされた、ポートワインの甘みが乗り高い度数を感じさせない飲み口のボウモアです。

ショット 1,100円となります。


スポンサーサイト



  1. 2017/04/28(金) 15:44:20|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リック・ウェイクマン 「地底探検」 1975 メルボルン ライヴ

昨年11月に来日したばかりのイエスですが、“イエス”の名義を持っていた筈のクリス・スクワイア亡き後、メンバー的にもイエスを名乗るのはどうなんだろう…と思っていたら、今年は「アンダーソン、ラビン&ウェイクマン」として来日、先日まで公演していたようですね。

もう、ソロの方が分かりやすいですね。
という事で今回も来日したリック・ウェイクマンの1975年2月、メルボルンでのソロコンサートDVDの紹介です。

直前の1月には日本公演もあり、私も中野サンプラザでマント姿の雄姿を見ていますが、時代的に致し方ないものの、地元オーケストラとの融合性や合唱団の英語力への不満はあったようで、冒頭で英語圏に来て安心したというようなことを言っているようです。

RICK WAKEMAN In Concert 1975_600



イエスの初期の音楽性を築いた一人ともいえる彼が、1973年のアルバム「海洋地形学の物語」の製作途中で脱退し、よりクラシック志向で完成度の高い、彼自身の代表作ともいえる初期3部作「ヘンリー八世の六人の妻」「地底探検」「アーサー王と円卓の騎士たち」からの曲を披露しています。

1. キャサリン・パー(ヘンリー八世の六人の妻)
2. 王妃グィネヴィア (アーサー王と円卓の騎士たち)
3. 地底探検:旅路~追憶~戦い~樹海 (地底探検)
4. キャサリン・ハワード(ヘンリー八世の六人の妻)
5. アン・ブーリン(ヘンリー八世の六人の妻)
6. 樹海 (地底探検)


RICK WAKEMAN In Concert 1975-013
RICK WAKEMAN In Concert 1975-023
RICK WAKEMAN In Concert 1975-033
RICK WAKEMAN In Concert 1975-043
RICK WAKEMAN In Concert 1975-053
RICK WAKEMAN In Concert 1975-063
RICK WAKEMAN In Concert 1975-073
RICK WAKEMAN In Concert 1975-083
RICK WAKEMAN In Concert 1975-093
RICK WAKEMAN In Concert 1975-103

「地底探検」はアンコールも含め全曲披露し、ナレーションはオリジナルのミュージカル的ライヴの進行役の俳優、デヴィッド・ヘミングスに替わってテリー・タプリンが務めています。

ツアーではオリジナルのロンドンでのライヴレコードと違い、オーケストラと合唱隊は地元採用のようですが、それらの融合性を含め、全盛期のいかにもプログレ的な大仰さはバンドサウンドに拘る人には受け入れられないかも知れないが、イエスと同じくらい、或はそれ以上にリック・ウェイクマンを聴いてきた私にとって正に青春時代をリメンバーです。

それにしても長いマントに長いブロンドを垂らしたリック・ウェイクマンはカッコイイ! 後ろ姿は・・・



  1. 2017/04/25(火) 16:51:03|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スコッチモルト販売オリジナル 桜ラベル

REMEMBERに遅咲きの桜が2本。

SCOTCH MALT SAKURA_600



スコッチモルト販売から先月リリースされたオリジナルの桜ラベル、タリバーディン23年と、アイラシングルモルト8年を紹介します。

「お花見のお供に、花見酒シリーズ」とありますが、価格的にも花見会場で飲むより、少し前の花見を想い出しながらカウンターで飲むのに丁度良いくらいかと思います。

TULLIBARDINE 1993 23y_L_600
Sakura TULLIBARDINE 1993 23y 48.7%


タリバーディンは、操業休止時期があったり、オーナーが幾度となく変わるのは珍しくないスコットランドの蒸留所の例にもれず、1949年の創業以降、1971年に新オーナーとなったインバーゴードンも1993年にはホワイト&マッカイに買収され、翌年には親会社の都合により閉鎖の憂き目にあっています。

その後2003年には新オーナーにより操業が再開されていますが、今回のボトルは操業が一旦停止になる前の1993年ヴィンテージで、23年という長熟モルトとして味わえます。



ISLAY Single Malt 2008 8y_L_600
Sakura ISLAY Single Malt 2008 8y 52.7%


アイラシングルモルト8年は、ラガヴーリンやカリラによくある、権利関係により蒸留所の名前は酒屋にも明かされない一本です。

若い熟成のアイラモルトが桜のイメージに合うのか?…とも思われるかもしれませんが、2000年台のアイラモルトは短期熟成が多く、比較的ライトで繊細に仕上がったものを選んでいるようです。


満月を伴った夜桜、華やかな昼間の桜、どちらもさぞかし奇麗な元画像かと思われますが、普通にというか無造作に文字が被さり、せっかくの写真が活かされていないような・・・

タリバーディン23年48.7% ショット 1,800円
アイラシングルモルト8年52.7% ショット 1,200円


  1. 2017/04/22(土) 16:22:25|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デュワーラトレー グレンロセス2007 8年

最近ハイクォリティなヤングエイジングモルトがリリースされつつも即完売というパターンが多いのですが、デュワーラトレーの「カスクコレクション」グレンロセス8年が運良く入手出来ていたのでおろします。

ADRattray GLENROTHES 2007 8y_600
ADRattray GLENROTHES 2007 8y_LR_600
A.D.Rattray Cask Collection
GLENROTHES 2007 8y 64.3%



2007年9月24日蒸留の原酒をシェリーバットで熟成、2016年9月7日にボトリングしたシングルカスクですが、ちょっと長熟になると3百本台になったりもするシェリーバットで、この年数だと607本のボトリング、改めて天使の分け前の多さを感じます。

64.3%というハイプルーフが信じられないような味わい、アデルフィのグレンロセス7年の感動が忘れられないという方も、期待を裏切られないと思います。

ショット 900円となります。


  1. 2017/04/20(木) 14:45:38|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アラン・ホールズワース、70歳で逝く。

昨夜の営業が終わってFacebookを確認していたら、Allan Holdsworth passed away の記事が・・・

店でも最近ミュージシャンの訃報についての会話が多く、これをきっかけにDVDを紹介することに後ろめたさを感じつつも、早速画像を撮影し記事にしてしまいました・・・


1984年5月14日の初来日公演での、アルバム「ROAD GAMES」と「I.O.U.」からの演奏シーンとインタビュー映像で、メンバーは、
ALLAN HOLDSWORTH(G)
PAUL WILLIAMS(Vo)
CHAD WACKERMAN(Dr)
JIMMY JOHNSON(B)
えっ、ヴォーカルがポール・ウイリアムス…
別人でした、テンペストのヴォーカルだった人のようです。
カーペンターズやスリー・ドッグ・ナイトが作品を取り上げたあの人ではありませんでした。


ALLAN HOLDSWORTH-013
ALLAN HOLDSWORTH-023
ALLAN HOLDSWORTH-033
ALLAN HOLDSWORTH-043
ALLAN HOLDSWORTH-053
ALLAN HOLDSWORTH-063
ALLAN HOLDSWORTH-073
ALLAN HOLDSWORTH-083
ALLAN HOLDSWORTH-093
ALLAN HOLDSWORTH-103

image.jpg




私自身も聴いていたテンペストやソフト・マシーンをはじめとして、初期はプログレッシヴロック・バンドで活躍してきたアラン・ホールズワースですが、この時はインタビューでの言葉にあるように、ロックがルーツだけどかなりジャズ的・・・と、フュージョンという言葉こそ使っていないものの、やはりそっち系です。

手元アップの撮影が多く、大きな手を広げての特徴的な彼の演奏スタイルが解りやすく(出来るかどうかは別…)見る事が出来ます。

インタビューでは、ギターは長いことシャーベルを使用し、最近はアイバニーズと6か月かけて開発したプロトタイプを使う事もあると答え、機材については、アンプは英国製のハーリー・トンプソンと、ギブソンのL-S、エフェクターに関してはとどまるところを知らない…と答えています。


観客の前ではあがる事も多いそうで、自己の演奏について高い次元で前向きに追求しつつも、キャッチーではないフレーズで構成された彼の曲はエンターテインメント性は薄く、バックミュージシャンも含めロックは感じられない・・・

しかし少数派としてこんなミュージシャンもいても良いんですよね、何の世界でも、特に趣味の分野では少数派がいなければつまらない・・・

普段ほとんどリクエストはなく、極たまに興味本位?で見る人がいてもすぐに飽きてしまうようで、当店でもこれだけ才能がある人を亡くなって初めて紹介するのは申し訳なく思います。

ご冥福をお祈りいたします。


  1. 2017/04/17(月) 17:06:02|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OMC タリスカー1980 25年 シェリーバット

10年程前にリリースされたダンカンテイラーのOMCをおろします。

OMC Skye 1980-2006 25y_600
DIRECTORS TACTICAL SELECTION Skye
1980 December - 2006 July 25y
Sherry Butt DL Ref 1270 One Of 569 Bottles



DISTILLED AT DIRECTORS TACTICAL SELECTION とありますが、“Skye”の表記もあり、タリスカーのようです。

1980年蒸留、シェリーバットで25年熟成の569本瓶詰の内の1本、ショット1,800円となります。


  1. 2017/04/16(日) 17:14:22|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グレンギリー1994 21年 ウィスキーファインド 山海経

先日案内した台湾のボトラー、ウィスキーファインドの「書」シリーズと共に入荷していた「山海経(せんがいきょう)」シリーズもおろすことにしました。

sengaikyo_600.jpg

Sengaikyo Glen Garioch 1994_450



「山海経」とは、元々は『山海図經』と呼ばれた絵地図に解説文の付いた中国古代の地理書で、戦国時代から秦朝・漢代(紀元前4世紀-3世紀頃)にかけて徐々に付加執筆されるうち絵地図が失われ、各地の動物、植物、鉱物などの産物を記し、次第に空想的なものや妖怪、神々の記述が多くなり、中国神話の資料、或は妖怪書、奇書のような扱いになっているらしいです。

Sengaikyo_001.jpg
Sengaikyo_002.jpg




ウイスキーは、他のボトラーズからのリリースでも美味しさが実証済みのグレンギリーで、1994年蒸留、ホグスヘッドによる21年熟成で、革やシナモン、たばこ、燻煙香などから、飲む人に情熱とパワーを与え、熟成された果物の味から大人の魅力が感じられる事から、その情熱にあふれる男らしい魅力を感じて欲しいという事で「后羿射日」という物語をテーマに描かれたラベルがあしらわれています。

「后羿射日」とは、中国の神話で、嘗て天帝である帝俊の十人の息子(火鳥)が、太陽として一日交代で地上を照らしていましたが、ある時代十の太陽がいっぺんに現れてしまい灼熱地獄となってしまった為、神の一人である羿が九つの太陽を射落とし、地上の平穏を取り戻した・・・ざっくり言うとそんな感じらしいです。

sengaikyo-L_600.jpg
Sengaikyo GLEN GARIOCH 1994 Hogshead 55.1%

sengaikyo-R_600.jpg
グレンギリー1994 21年 ウィスキーファインド 山海経 55.1% 
ショット 2,300円               



テイスティングコメントは中国語、英語の得意な方でお読みください。
グレンギリーや、シングルモルトの中国語表記、カッコいいですね。
そして台湾での飲酒禁止は十八歳未満なんですね。

sengaikyo_ura_600.jpg



そしてこのシリーズは、きめ細かい筆触でシンボルや線を使って表現するのが得意な中国の画家、YU-RU氏に依頼して描かれています。

YU-RU.jpg





  1. 2017/04/03(月) 15:54:37|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業案内

本日4月2日は第一日曜日に付き休ませていただきます。

2017、4月営業案内2








  1. 2017/04/02(日) 15:12:55|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

REMEMBER

Author:REMEMBER

静岡で1988年よりショットバーREMEMBERを経営する傍ら、2000年よりWeb運営も開始。

2007年よりその一部を本ブログに移行しました。

オフィシャルHP及び
フェイスブックは下のバナーからどうぞ。



facebook

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する