FC2ブログ

アカデミー賞授賞式でニコール・キッドマンを見上げるキース・アーバン

海外のミュージシャンの顔は仕事上、或は趣味上でもある程度知っていますが、映画界に関してはどうも疎いです。

特に奇麗な女優さんは見分けがつかない…

そんな中で、先日行われたアカデミー賞の特集ページで、オスカーは取れずともフォトギャラリーのトップページに登場するニコール・キッドマンは私でも判る女優さんの一人です。

そしてその貫禄のニコールを微妙な笑顔で見上げているのが2006年からの夫君であり、REMEMBERで最近よくかかるミュージシャン、キース・アーバンです。

実はこの二人が夫婦だったのを知ったのは最近で、以前から漠然とした知識しかなかったキース・アーバンについて改めて調べたら出てきた事実でした。

ニコール・キッドマンと前夫であるトム・クルーズとの事は、ここREMEMBERでも話題が出た事がありますが、キース・アーバンはミュージシャン個人としても話題が出てきませんでした。

かく言う私も存在は知っていてもそれほど注目していませんでした、この映像を観るまでは…。

Keith Urban - RockinIn The Free World-33
Keith Urban - RockinIn The Free World-13
Keith Urban - RockinIn The Free World-23
Keith Urban - RockinIn The Free World-43

2010年1月に行われたニール・ヤングのトリビュート・コンサートでのジョン・フォガティーとのライヴパフォーマンスですが、このニール・ヤングの曲「Rockin'In The Free World」は、トランプ大統領に選挙キャンペーンで勝手に使われた事でも有名になってしまいましたね。

それまで抱いていた、アメリカのヒット歌謡(?)の若者…というイメージを払拭するのに十分なロックスピリット溢れる歌と演奏、元CCRのジョン・フォガティーにも全く引けを取っていません。


更に2013年のクロスロード・ギター・フェスティヴァルでは、ビートルズの「Don't let me down」のパフォーマンスで、現代の3大ギタリストの一人と言われるジョン・メイヤーと渡り合えています。

Keith Urban - Dont let me down-13
Keith Urban - Dont let me down-33
Keith Urban - Dont let me down-23
Keith Urban - Dont let me down-43

良い曲が書けて歌が巧くギターもかなりの腕前、ルックスも程々のワイルドさを伴ったイケメン…、まぁニコール・キッドマンが惚れたくらいですから…。

なのに日本では人気が今一、というか意外と知られていないのは、“カントリー歌手”と紹介される事が多く、それもあってプロモーターが二の足を踏んでいるのか、来日コンサートもないのも一因かもしれないですね。


スポンサーサイト



  1. 2017/02/28(火) 23:46:54|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グレンドロナック カスクストレングス バッチ5


GLENDRONACH Cask Strength Batch 5_600
GLENDRONACH Cask Strength Batch 5 55.3%


グレンドロナックのカスクストレングス、バッチ5が入荷しました。
ショット 900円となります。


  1. 2017/02/27(月) 18:26:48|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウエストコーク10年 バーボンバレル

若者のウイスキー離れが言われて久しい中、一部とはいえモルトブームに反応し飲み出す若い人達、更にはウイスキー造りに興味を持ち転職してまで業界に飛び込む意欲ある青年もいたりと、日本も捨てたもんじゃないなと思う今日この頃ですが、ウイスキー発祥の地と言われるアイルランドでも3人の若者によって2003年、ウエストコーク蒸留所が誕生しました。

蒸留所の建つ地は、アイルランドで最大で最南端の州となるコーク州で、ミドルトン蒸留所のあるアイルランドで2番目に大きい都市コークの南西80キロほどのユニオンホールになります。

3人の若者は経験豊かなアドバイザーとして元スプリングバンク蒸溜所のマスターディスティラー、フランク・マッカーディ氏を迎えて、ジンやウォッカなどと兼用の小型のポットスチルでアイルランド伝統の3回蒸留によって、品質を重視し少量ずつ生産しているようです。


今回紹介するのはファーストフィルのバーボンバレルで10年間熟成し、シングルカスク、カスクストレングスでボトリングしたシングルモルト・アイリッシュウイスキーとなります。

WEST CORK 10y_L_600

ウエスト コーク10年 バーボンバレル #11404 57.3%

ショット 700円です。             






  1. 2017/02/24(金) 16:10:24|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ティーリング・ウイスキー シングルカスク2種

2015年に念願の蒸留所を開設したティーリング・ウィスキー・カンパニーのボトラーズとしての、英国ウイスキーマガジン向けシングルモルト・アイリッシュウイスキー2種が入荷しました。

TEELING 2002 14y Bourbon_600
TEELING 2002 14y Bourbon Cask
Whisky Magazine Editors' Choice Cask No. 2112 55.1%


バーボン樽熟成のシングルカスクで、蒸留所の名を明かさないティーリングですが、今回はブッシュミルズのようです。
   ショット 1,000円です


TEELING 2004 11y Port_600
TEELING 2004 11y Port Cask
Whisky Magazine Editors' Choice Cask No. 8823 56.7%


ポルトガルの酒精強化ワインであるポートワインの樽で熟成したシングルカスクです。
   ショット 900円です


近年評価の高いアイリッシュウイスキー、権威ある専門誌のイヴェント向けのティーリングとあれば尚更期待に違わないでしょう。


  1. 2017/02/17(金) 16:39:54|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さて、今年のグラミー賞は・・・

またきっと知らない人達がいっぱいだろうなぁ、と思いつつ・・・
そういえばどんな作品がノミネートされているかも確認していなかった。

またアデルですか・・・
いえ、別に異議がある訳ではありません。

デヴィッド・ボウイもどれかは取ると思いましたが、5部門ですか・・・
多少は追悼的な意味合いも含まれるかも知れませんが、まあ納得というところですか。

という事で今回の写真は、アデルの2011年、ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴDVDからです。

adele-13.jpg
adele-23.jpg
adele-33.jpg
adele-43.jpg


今年のグラミー賞を30年前の出来事として懐かしむ日を迎えることが出来れば・・・
無理でしょうね、せめて10年位は・・・。


  1. 2017/02/15(水) 22:45:39|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヘーゼルバーン9年 バローロカスク 57.9%

スプリングバンク蒸留所が1997年から別ブランドとして手がけるシングルモルトで、ノンピート、3回蒸留でつくられるヘーゼルバーン。

当店でも昨年11月に下ろした8年カスクストレングスが一ヶ月足らずで終わってしまい、今でも名残惜しむ声も聞かれる程の評判でしたが、イタリアの銘醸ワイン樽で熟成し話題となっている新商品が本日入荷しました。

HAZELBURN 9y BAROLO Cask_600
HAZELBURN Aged 9 Years 57.9%
BAROLO Cask Matured



ファーストフィル・バーボン樽で6年熟成後、イタリアの銘醸赤ワインの中でも「ワインの王にして王様のワイン」と呼ばれるバローロのホグスヘッドで3年間追熟し、世界で10,800本、日本へは600本限定でリリースされました。

9年物とはいえ、至福の一杯となるであろうへーゼルバーン。
ショット 900円で提供させて頂きます。


  1. 2017/02/08(水) 17:37:41|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

営業案内

本日2月5日は第一日曜日につき休ませて頂きます。

1997 2月営業案内




[営業案内]の続きを読む
  1. 2017/02/05(日) 17:58:57|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーク&スウィーニー 23年 ドミニカンラム

普段モルトを紹介することの多い本ブログですが、実はラムにも力を入れようと3年程前から30種以上を買いためてきたのですが、メニューを作る作ると言いながら書いてなくてもそれなりに売れていたので未だ未記載のままでした。

そんな中で現在飲める状態の数種のラムの内、特に人気が有り品切れだった「カーク&スウィーニー 23年」が再入荷しました。

KIRK and SWEENEY 23y_600
KIRK and SWEENEY 23y Dominican Rum 40%



「カーク&スウィーニー」はアメリカンオークで熟成されているドミニカ製のラムを、独自の企画でモルトやライ麦、小麦のウイスキーやジンなども手掛ける、カリフォルニア州ソノマの35メープルストリート社による企画で瓶詰されたもので、本国では12年、18年、23年が出ているようです。

ちなみに、「カーク&スウィーニー」とは、禁酒法時代のラムの密輸に使用した木製の帆船の事だそうです。

この味でこの価格とは!
という事で、ショット 900円です。


  1. 2017/02/04(土) 17:34:38|
  2. スピリッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジョン・ウェットンの訃報を受けて

12月にキング・クリムゾンの元ベーシスト兼ヴォーカリストのグレック・レイクの訃報を受けたばかりなのに、またもや元クリムゾンの同ポジションの人が・・・

ジョン・ウェットン、享年67歳。

キング・クリムゾン、U.Kの他、幾つものバンドで活躍しましたが、リメンバーでのリクエストが多いのは、やはりエイジアですね。

という事で2枚のDVDからエイジア時代の雄姿を撮ってみました。

John Wetton-13
John Wetton-23
John Wetton-33
John Wetton-43
John Wetton-53
John Wetton-63


ジョン・ウェットンのご冥福をお祈りいたします。


  1. 2017/02/01(水) 19:43:18|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

REMEMBER

Author:REMEMBER

静岡で1988年よりショットバーREMEMBERを経営する傍ら、2000年よりWeb運営も開始。

2007年よりその一部を本ブログに移行しました。

オフィシャルHP及び
フェイスブックは下のバナーからどうぞ。



facebook

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する