FC2ブログ

リキッドライブラリー・シリーズ入荷

リキッドライブラリー・シリーズ入荷です。奇抜なデザインのラベルで、即完売の商品も多いドイツの人気ボトラー、ウイスキーエージェンシーの中では比較的地味な存在でしたが、今回のリリースから統一性のあるイラストに一新されました。
クライヌリッシュの17年と、蒸留所名が明かされていないアイラの7年を仕入れました。
                                 
L Library クライヌリッシュ19年 TWE Liquid Library
Clynelish 19 years
51.7%
refill hogshead
295 bottles

ショット 1,600円
L Library アイラ7年 TWE Liquid Library
Islay 7 Years
53.1%
Refill Hogshead
315 bottles

ショット 1,300円
スポンサーサイト



  1. 2015/07/29(水) 18:59:47|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新入荷モルト、グレーン

        新入荷のウイスキーをまとめて紹介します。
バーンサイド 1993 *KINKOオリジナル バーンサイド 1993 21年 ショット 1,500円
KINKO Selected Release Burnside 1993 21y 56.9%

基本的にシングルモルトとしては自社でしか(所謂蒸留所元詰め)出さない方針の蒸留所の原酒に、ボトラーズが僅かに他の蒸留所の原酒を混ぜ、ブレンデッドモルトとして出す、ティースプーンモルトと言われるタイプ。
バーンサイドとは蒸留所名ではなく、グレンフィディックと兄弟蒸留所のティースプーンモルト(ボトラーズによってはファイナルドロップという言い方もありました。)に使う名前ですが、どの業者も同じという事は蒸留所側の指定でしょうか…。
*インバーゴードン1991 23年 エラオブグレーン ショット 1,200円
Era of Grain Invergordon 1991 23y 55.6%

グレーンウイスキーですが、元々グレーンはクリアでライトな酒質ですから、樽での熟成次第ではモルトに負けないくらい美味しいものがあるのは頷けます。
モルト程価格が高騰していないのも魅力です。
インバーゴードン1991
越百 *マルス モルテージ越百(こすも) ショット 700円
 Mars Maltage Cosmo 43%

本坊酒造の信州マルス蒸留所産。
中央アルプスの「越百山」から名付けられたブレンデッドモルト。
定番商品として発売…の筈ですが? 最近の一部国産ウイスキーの狂乱的価格高騰劇に巻き込まれなければ良いのですが…。

*ケイデンヘッド アルタベーン1992 22年 ショット 1,500円
Cadenhead Allt-A-Bhainne 1992 22y 52.5%

1975年にシーバスリーガルのブレンド用に建てられた蒸留所でオフィシャルは出ていません。
味も価格も納得!信頼の黒ケイデンです。
ケイデンヘッド アルタベーン1992

他、ベンロマック2005 ピートスモーク
ケイデンヘッド ノースブリティッシュ1985 29年
は取敢えず在庫ですが、リクエストによってお出しできる場合もあります。
  1. 2015/07/10(金) 00:38:57|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ザ・ベスト・オブ・イタリアン・ロック Vol.2 アルティ・エ・メスティエリ

The Best Of Italian Rock Vol.2 ARTI & MESTIERI

正に“芸術家と職人”の集団によるライヴでした!
市内でのアマチュアによるものを除けば3年半ぶりに出かけたライヴは、川崎の「クラブチッタ」での
Arti&Mestieri による強烈至極な音の洪水!でした。
しかもそれが高度で緻密なバンド・アンサンブルによってなされている事が前提なのは言うまでもありません。

私自身プログレは70年前後のイギリスから聞き始め、イタリア、ドイツ、フランスと広がった後、
70年代後半から90年代中頃まで、ロック系はあまり聞いていませんでした。
彼らのデビュー作にしてイタリアン・プログレの、或はプログレ全体の最高クラスとして
取り上げられる事も多い「Tilt」リリースの74年にはまだ存在を知らず、数年経っての、
音楽をじっくり聴いていられない時期にサラッと聴いたので、メンバーの名前も超絶プレイで
知られるフリオ・キリコくらいしか知らず、何人編成かも知らないままでした。

今回は結成40周年記念の特別公演で、世界で一夜限りのオリジナル・メンバー構成による「チルト」「明日へのワルツ」。
そして6月24日にリリースされたばかりの全曲書下ろしのコンセプトアルバム
「UNIVERSI PARALLELL」(ウニヴェルシ・パラレリ~併存)を全曲世界初披露!
Universi Paralleli

更に元キング・クリムゾンのメル・コリンズをゲストに迎えての「Starless」等、総勢10名による怒涛の
約3時間半に及ぶライヴでした。
演奏するアルバムによりキーボードが入れ替わったり、曲によってもかなりバンド編成が替わり、
ヴォーカルはプログレらしく…?出番は少なかったのですが、曲のコンセプトに合わせて?
衣装替えをしたり、メッセージを届けるという意味なのか紙飛行機を観客に向けて何回か
飛ばしたり(殆ど飛ばなかったけど、きっと空調のせいでしょう…)頑張っていました。

普通のロックバンドであればフロントマンとして目立つ存在のヴォーカルも、
これだけの超絶職人集団の中ではただ歌うだけではという事でしょうか。

前回行った同会場での、ストリングスをバンドの音と一緒にPAで聴かされた為昔のラジオの音を
思いっきり大きくしたような音を思い出し、一抹の不安もあったのですが、最初の頃のサックスと
ヴァイオリンが重なった音が、あ~やっぱ…と思ったくらいで、それ以上に素晴らしい演奏に
引き込まれていく内に音質のことは忘れてしまいます。

とは言うものの、これだけの演奏だからこそ良い音質で聴いてみたい…。

日曜日の公演という事で4時開場、5時開演の8時終了の予定でしたが、少し開演が遅れたものの
結局終わったのは9時。 たっぷり堪能しました。

Itarian progre CD_300
入場時に戴いた特別記念CDをお土産に乗った帰りの新幹線は、えっ!日曜のこんな時間に…
と思うほど混んでいました。
そういえば最近の東京は昔と違って連休時にも人が集まる街になっていますからね。
  1. 2015/07/06(月) 21:09:25|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

REMEMBER

Author:REMEMBER

静岡で1988年よりショットバーREMEMBERを経営する傍ら、2000年よりWeb運営も開始。

2007年よりその一部を本ブログに移行しました。

オフィシャルHP及び
フェイスブックは下のバナーからどうぞ。



facebook

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する