FC2ブログ

ケイデンヘッド スモールバッチ テネシー 2003 16年

ケイデンヘッドのスモールバッチ最新シリーズから、テネシー2003 16年を開けました。

Cadenhead Small Batch A TENNESSEE 16yo_600
Cadenhead Small Batch
A TENNESSEE 2003 16yo 48.9%


Cadenhead Small Batch A TENNESSEE 16yo_LL600

Cadenhead Small Batch A TENNESSEE 16yo_ura600



ウイスキーのスペルに“e”が入っていないからジョージディッケルでしょうか?

近年スコッチ以外のボトラーズ物が増えてきましたね。

ショット 1,300円です。


スポンサーサイト



  1. 2020/02/12(水) 16:55:56|
  2. バーボン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウィドウ ジェーン バーボン 10年

ニューヨーク、ブルックリン発のバーボンが入荷しました。

WIDOW JANE-1_600
WIDOW JANE
Straight Bourbon Whiskey 10yo 45.5%


WIDOW JANE_L600



元航空宇宙エンジニアであったダニエル・プリエト・プレストン氏が、ドミニカにプリエト家が代々所有するコラリーナ農園のカカオを使用して、2008年にチョコレートメーカー「CACAO PRIETO」をNY.ブルックリンに立ち上げ、翌年やはりブルックリンにクラフトウイスキー蒸留所を設立しています。

元エンジニアだけあって、原料や仕込み水へのこだわりは勿論の事、蒸留器まで自ら設計し特注しているようで、設立4年で早くも各種アワードを受賞し注目されています。

今回の入荷は、“エアルームコーン”を主原料にオーガニックの酵母やライを使用し、ウィドージェーン鉱山の湧き水で仕込んだ10年熟成のバーボンです。

ショット 900円です。

  1. 2018/12/29(土) 17:25:10|
  2. バーボン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バーボンと言えばケンタッキー・・・とは限らない

昨日はシカゴのバーボンを紹介しましたが、以前紹介したニューヨークテキサスの他、カリフォルニア、ワイオミング、ワシントン、イリノイ、にもあるようです。

バーボンと言えばケンタッキー・・・というのは過去のことになりつつあるのでしょうか・・・

名前のルーツのあるケンタッキーの人達の心境は如何に・・・

ハワイのバーボンなんて出来れば面白そうですが・・・ちょっとなさそうですね。


  1. 2018/12/19(水) 23:58:31|
  2. バーボン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コーヴァル バーボン

これがまだ紹介してなかったようです。

KOVAL BOURBON_600
KOVAL Single Barrel Bourbon Whiskey 47%

KOVAL BOURBON_L600

KOVAL BOURBON_ura600



クラフト蒸留所が次々と誕生しているアメリカでも、数百にも及ぶひときわ多くの蒸留所が創設されたシカゴで群を抜いた存在のコーヴァル蒸留所。

蒸留所兼ワイナリーであった実家のあるオーストリア出身で、蒸留器に関する高い専門知識と豊富な経験を持つロバート・バーネッカーが、大学教授であった妻ソネットと共に、妻の生まれ故郷シカゴで創業した蒸留所です。

kovalimage_08n_600.jpg



原料にはキビも使われ、全てオーガニックにこだわり、ロバート独自の設計案を加えたドイツのKothe Distillery製ハイブリットスチルで蒸留されたシカゴバーボンです。

ショット 800円です。


  1. 2018/12/18(火) 17:02:58|
  2. バーボン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワイルドターキー ロングブランチ

紹介していないバーボンがありました。

LONGBRANCH_600.jpg
WILD TURKEY LONGBRANCH 43%

LONGBRANCH_L600.jpg



酒屋の紹介文として
-------------
ロングブランチは、ケンタッキー州とテキサス州をブレンドしたようなテイストが特徴。
俳優兼ワイルドターキーのクリエイティブディレクターであるマシュー・マコノヒー氏のルーツに踏み込んだこのバーボンは、テキサス州メスキートの空気とオークチャコール樽を通した、上質でまろやかなテイストの8年もののワイルドターキーです。家系で一番長い枝(ロンゲストブランチ)となる友人からインスパイアされて名付けられたこのバーボンは、ワイルドターキーシリーズでも初めてマスターディスティラーのジミーとエディーラッセル以外の人物のサインを施した一本です。
-------------
とありましたが、解ったような解らないような・・・

ショット 800円です。


  1. 2018/09/12(水) 17:00:15|
  2. バーボン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

REMEMBER

Author:REMEMBER

静岡で1988年よりショットバーREMEMBERを経営する傍ら、2000年よりWeb運営も開始。

2007年よりその一部を本ブログに移行しました。

オフィシャルHP及び
フェイスブックは下のバナーからどうぞ。



facebook

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する