FC2ブログ

今夜は静かにケルティックウーマン・・・

ミュージックバーREMEMBERではスコッチを中心としたウイスキーを揃え、懐かしの洋楽を中心とした映像を流しています。

アイリッシュウイスキーも10本以上あり、アイルランドのミュージシャンのDVDも10枚以上ありますが、今夜アイルランドの人達がヤケ酒を飲みに来たらちょっと怖いかも・・・なんて心配する必要もないでしょうね、ビアバーでもないし、それ以前にもっとほかの事を心配すべきかも・・・


昨夜は静岡の街も前夜祭でしょうか、アイルランド人も交え盛り上がっているよと教えてくれたお客様が飲まれたのは全てスコッチでしたが・・・

4A_800.jpg



そして今、モニターに流れるのはケルティックウーマン、アイルランドのスレイン城前でのコンサートです。

celtic_800.jpg




スポンサーサイト



  1. 2019/09/28(土) 20:31:13|
  2. 酒と音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイアナ・クラールを聴きながら・・・

早速飲んでみましたが、度数も丁度良い感じで落ち流石に無難なフィディック、肩ひじ張らずに飲める香りと味です。

iridescent-cask-wardhead_LL600.jpg



ダイアナ・クラールのピアノでも聴きながらの雰囲気を楽しみたいですね。

そして今日は2時閉店の雰囲気になって来ました。


  1. 2019/08/07(水) 01:38:43|
  2. 酒と音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストリートJAZZの今日、JAZZラベルのボトルが・・・

今日は休みですが宅配便が届く予定もあったのでちょっと店へ。

昨日から店の近くで開催されている「STREET JAZZ SHIZUOKA」の記念ボトル?・・・

P80405_600.jpg



今回のイヴェントに合わせたかのようなピアノを弾く女性の背中姿と、50年代風マイクを持ってスタンダードのバラードを歌っていそうなお姉さんのラベル。

休み明けに改めて紹介します。


  1. 2019/08/04(日) 20:50:11|
  2. 酒と音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先週末からを脈絡無く・・・

昨日から急に暑くなり、今日は仕入先のスーパーでスイカを見かけたので思わず買ってしまいました。

先週末から忙しいのか暇なのか・・・酒のせいもあり、自分のモチベーション含め起伏が激しい。

土曜日は元スタッフが“あぶく銭”を手にして飲みに来たので営業後、別の元スタッフの店に行き、その店にも飲む側にもあまり似合わない“あぶくワイン”と何か(忘れた)を飲み、またしてもこんな時間に・・・と。

日曜はGW前ながら県外、海外からの旅行者が流石の(お金の)使いっぷり、飲みっぷり! 

昨日の月曜も県外のモルトファンの他、いつものSさんがジントニに始まり、ブレンデッド、モルト、ラム、コニャックと、普段にも増しての豪快な飲みっぷり・・・、金額もそれなりだが、お体の方が心配です。

クラプトンのDVDもライヴに行った一週間後の昨日到着・・・既に何十枚かはあるがまた増えてしまった。

ec DVD_600



今日になってようやく開けたまま未だ飲んでなかった台湾のオマーを飲むが、スコッチの王道長熟の深みのある甘み、まろやかさとは比ぶべくもないが、僅か4年ほどの熟成でこの味は幾つものアワード受賞が納得できるところです。

OMAR Sherry Type_B600



そして19日に発送された筈で、遅くとも昨日には届くだろうと思っていたモルトの紹介で更新すべく構えていたが未だ届かない・・・

今の時点でGWの影響とは考えにくいが、仕方なく・・・という訳ではないが溜まっていたネタを纏めて・・・いえ、脈絡無く更新です。


  1. 2019/04/23(火) 19:01:32|
  2. 酒と音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Wonderful Tonight」で “MOON RIVER BLEND”

昨日入荷した“MOON RIVER BLEND”を早速開けて飲んでみました。

MOON RIVER BLEND 1980_600



「Moon River」は50数年前の私が子供のころからアンディー・ウイリアムズの歌で耳にした事のある曲ですが、1961年公開の『ティファニーで朝食を』の中でのオードリー・ヘプバーンの歌唱がオリジナルと知ったのは何年も後の事でした。

“MOON RIVER BLEND”が、この曲をイメージして名付けられ、ラベルに採用されたのかどうかは判りませんが、雰囲気としては納得しつつも、このラベル程静かな夜ではなく、むしろ昨年11月に紹介した“Sunset Glow Blend”に近いイメージの・・・、いえ、クラプトンの「Wonderful Tonight」をイメージする味わいでした。


先日のクラプトンのコンサートでも勿論この曲は演奏しましたが、私としては1988年の東京ドームでの演奏が好きです。

ecmn 1988_450



ゲストギタリストのマーク・ノップラーと共に、テクニカルな面を聴く者に意識させずに、このスローナンバーの雰囲気を保っている・・・結局テクニックがあるからこそ出来る事なのでしょうが・・・


「Wonderful Tonight」を聴きながら飲む“MOON RIVER BLEND”美味しいです。


  1. 2019/04/19(金) 16:44:22|
  2. 酒と音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

REMEMBER

Author:REMEMBER

静岡で1988年よりショットバーREMEMBERを経営する傍ら、2000年よりWeb運営も開始。

2007年よりその一部を本ブログに移行しました。

オフィシャルHP及び
フェイスブックは下のバナーからどうぞ。



facebook

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する