FC2ブログ

カバリュス ダルリンプル 2011

ウィスク・イーのオリジナルシリーズ「カバリュス」からダルリンプル 2011 7年が入荷です。

Caballus Dalrymple 2011_600
CABALLUS Blended Malt DALRYMPLE 2011 7yo
Bourbon Barrel 59.9%


Caballus Dalrymple 2011_L600



所謂ティースプーンモルトになりますが、グレンフィディックやバルヴェニーでお馴染みのウィリアムグラント社が所有する、ローランドのグレーン用のガーヴァン蒸溜所と同じ敷地内に、2007年に設立された蒸留所のモルトを99.9%使用しているようですから、殆どアイルサベイの原酒という事になりそうです。

CABALLUS DALRYMPLE 2011 7yo 59.9%

ショット 800円です。


スポンサーサイト
  1. 2019/02/19(火) 17:09:10|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オクトモア 09.1 に隠されたメッセージ

昨日紹介のオクトモアはシリーズでの展開が15年も経つんですね、REMEMBERでは当初エディションごとに仕入れていたものの追い切れず、オクトモア10年以来久々の扱いです。

OCTOMORE 09,1 Scottish Barley_S600



今回のエディションには隠されたメッセージ「διάλογος」があるそうですが・・・これだけで解った人は凄い!


英語表記で「Dialogue」これで何割かの人は解るかと・・・


日本語表記で「対話」これで解らなければヤバいです・・・


オクトモアの核となるんのが「ダイアローグ(対話)」の考え方だそうで、これの説明が輸入元によると
---------------------------------------------
【ダイアローグ】
ふたりまたはそれ以上の人数の間で行われる、手紙や口頭での会話のやり取りであり、文学や演劇での台詞の記述形式のこと。西洋において、物語的、哲学的、あるいは教訓的な文脈では、主にプラトーが書き起こした「ソクラテス的対話」(古代ギリシャの哲学者ソクラテスが、弟子のプラトンらと繰り広げた対話)を意味する。しかしこのような例は、インド文学を含めそのほかの系統においても見受けられている。

「ダイアローグ」はギリシャ語のδιάλογοςを語源とする。「対話」においてのひとつの到着点は、判断を一時保留し、傾聴し、仮定や思い込みを問い直し探求することである。
「ダイアローグ」をパッケージにひっそりと用いることで、それを見た者に、自分で感じ、熟考することを促している。ウイスキーと対話し、ブランドと対話し、シングルモルトの世界との対話に没入する。

そしてオクトモアが何を表現しているのかについての理解を深めるのである。これが「ダイアローグ」というコードに隠された真意である。
---------------------------------------------
とありました。

却って解らないよ!という人が何割か・・・

もうどうでもいいよ、という人が何割か・・・


  1. 2019/02/18(月) 23:30:36|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オクトモア 09.1 スコティッシュ・バーレイ

世界で最もヘビリーピーテッドなシングルモルトとしてブルックラディ蒸留所で造られる “オクトモア” シリーズの最新エディションの 09.1 スコティッシュ・バーレイが入荷しました。

OCTOMORE 09,1 Scottish Barley_600
OCTOMORE 09.1 Scottish Barley 59.1%

OCTOMORE 09,1 Scottish Barley_L1_600

OCTOMORE 09,1 Scottish Barley_L2_600



2011年に収穫したスコットランド産コンチェルト種の大麦を100%使用し、フェノール値156PPMでモルティング、2012年に蒸留した後、全期間ファーストフィル・アメリカンオーク樽で5年熟成しています。

樽構成はジムビーム51%、ジャックダニエル26%、クレアモント15%、オールド・グランダッド8%だそうです。

ショット 1,600円でお願いします。


  1. 2019/02/17(日) 17:17:21|
  2. モルト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

臨時休業のお知らせ

2か月先の事ですが、4月15日(月)は “ec ecoバッグ” の仕入に武道館に行くため休ませて頂きます。

ec_600.jpg



写真は2003年のエリック・クラプトンJAPANツアーに行ったお客様がお土産に買って来てくれたトートバッグです。

大変重宝し、最近は毎日通勤に使っているので予備が欲しくなってきました。


  1. 2019/02/15(金) 19:13:40|
  2. 告知
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェネラル ラム トレーダーズ ニカラグア 1998

先月紹介し好評のウエストインディーズに続いてニカラグアのラムです。

GENERAL RUM TRADERS NICARAGUA RUM 1998_600
GENERAL RUM TRADERS
NICARAGUA RUM 1998 64.7%


GENERAL RUM TRADERS NICARAGUA RUM 1998_L600



こちらはディアジオ、ダンカンテイラー出身のスコット・ワトソン氏が立ち上げたロンドンの「クルーシャルドリンクス」がリリースするラムのブランド“ジェネラル ラム トレーダーズ”からで、アメリカンオークのシングルカスクで20年熟成というラムとしてはかなりの長熟になります。

度数は高いですが、メイプルシロップやバニラ系の甘みは気に入ってもらえる方も多いかと思います。

尚この会社はウイスキーのブランドとして昨年7月に紹介した “アニョフ” もリリースしています。

ショット 1,100円です。


  1. 2019/02/14(木) 04:54:15|
  2. ラム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

REMEMBER

Author:REMEMBER

静岡で1988年よりショットバーREMEMBERを経営する傍ら、2000年よりWeb運営も開始。

2007年よりその一部を本ブログに移行しました。

オフィシャルHP及び
フェイスブックは下のバナーからどうぞ。



facebook

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する